こころジカン。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ドラえもーーーーーんっ!  

こころです

朝晩が涼しくなりましたが、風邪などひかれてませんか?

最近、公私共にとっても忙しくてなかなか記事が書けません。

休日などにあちこちと食べ歩きは続行中なので、
おいしいものネタは過去最高なくらい溢れるほどたまってきているのに
悔しいほど記事が書けません


朝から夕方まで仕事。
家に帰ればお料理したりベーグル焼いたり家事したり、
illustlikemam.jpg

そして勉強、
illust-aki1.jpg

そして作品製作。
illust0710102.jpg

わたしには作り手として本当はあってはいけない波・・・というものがあるので、
作るときはとりつかれたように取り掛かるけど、
その波が去ってしまうと、抜け殻のようにぼっけーーーーーーと過ごしてしまうのです。

知ってる人は知ってる、床に大の字で数時間なんてザラです。
眠るときもあれば、じっと考え事をしてたり音楽を聴いたり。

そういう時間がもったいないなんて1度も思ったことはありません。

周りから見ればなんて時間がもったいないって思われるけど、
わたしにとってはとても大切な時間なのです。

たぶん、そういうことで全体的なバランスをとっているのだと(笑)
まぁこれは自分勝手な解釈なんですけどね。
ただ、だらーーーーっとしたいだけかも(笑)

それで・・・いままた来ちゃったんですよね、波

(サーファーかっ!!爆)

なので今、波に乗らないと大切なお客さまに迷惑をかけてしまうことになるので、
少しの間、ブログから離れます。

まっいつものことなので、

あ、またか
こころのこれがまた始まったか

と気軽に思ってもらえたら嬉しいです。

illust-handmade1.jpg


ブログの記事を書きながら、本も読みながら編み物とかもできる方法はないかと
真剣に模索中です。

ドラえもんがいたらオネガイできるのにー。
ドラえもーーーーーーーんっ!!!

-- 続きを読む --

category: おしらせ

大人のシブースト・・・「ブールミッシュ」。  

やっと週末ダネ

ブログでは紹介していないけど、
最近ケーキ類の消費がすごいです。
毎日なにかしらのケーキがお腹の中に入っていってます。
今週はほっんとすごかった!
ってか凄まじかった!
チーズケーキ7個、焼きプリン1個、堂島ロールなどなど。

スイーツってどちらかというと苦手なので、
昔からわたしを知ってる人はびっくりだと思います。

多分今が人生の中で一番甘いものを食べているお年頃です(爆)

甘いものには積極的ではないわたしでも、
これにはどっかぁーーーんときました!
画像 19415090651

ブールミッシュの「シブースト」。
画像 19415090621

シブーストって人の名前だったんですね!

シブーストを日本で最初に紹介したお店「ブールミッシュ」。
オーナーシェフの吉田菊次郎氏は、
第1回菓子世界大会で銅メダルを獲得した日本洋菓子界の重鎮で、
マスメディア等でも大活躍の方。

そんなにすごいお店のシブーストだったのーーーっ?

あえてこのパイ生地端っこのとこをチョイス!
端っこ好きですよ、わたし(笑)
画像 19415090631


トップのキャラメリゼが甘すぎず苦すぎず絶妙!
カスタードとムースはこれまたふわふわで、
お口の中でじゅわぁーんて溶けていきますょ・・・
蒸しプリンみたいな感じかなー。
ソテーされたりんごの甘酸っぱさを引き立てるくらいのほどよい甘さ。

まさに大人のシブースト

こってり甘いものは苦手だけど、
これならいつでもオッケーーーーーィ!
画像 19415090671


ブールミッシュは他にも銀座本店のみ販売の
「GINZAソフト」という絶品ソフトクリームが人気だそうですよ。
なんでもグランマニエがたっぷりだとか・・・

他にもカップケーキも多くの方が絶賛されてますね。


嬉しいことに、シブーストはお取り寄せできますよん。
他にも「とろけるシブースト」なんていうステキすぎる名前のものまで!

詳しくはこちら。

ブールミッシュのHPはこちらから。



続きは最近ついてないなぁ・・・って方へ、
-- 続きを読む --

category: カフェ&スイーツ

肉あんかけご飯と裏?・・・「ガスト」。  

9月2日放送された「いきなり!黄金伝説」

”超人気ファミレスの全メニューを食べつくす”

という番組を見て、ガストスイッチ入りましたー

どんだけ単純ーーーーーっ

ファミレスでは唯一 47都道府県すべてに店舗があり、
年間来客数はなんと1億6000万人!

低価格とそれを上回る味、
気軽に安心していけるガスト~

にしても、全メニュー116品を3日間で食べ尽くしたロバート!
見てる方がお腹いっぱいで苦しくなってくるほど
ハンバーグが続いたときは・・・
ランチセットが続いときはもう・・・
わたしの方が泣きそうになりました

さすがにわたしはロバートみたいに全品食べれないので(アタリマエ)
メニューを見て、「おいしそー」と思ったものを1品。

肉あんかけごはん ¥399(税込み ¥418)。
ガスト2

うっきーーーっ
鉄板にのって熱々ぐつぐつ少しおこげができます。
ガスト3

キャベツ、ニラ、パプリカ、もやしそして豚ミンチ。
味付けは中華風かな。
そうでもないような量に見えるけど、
途中でギブしたくなる量でした。

で、これ399円てステキ
ガスト4

そして、
-- 続きを読む --

category: そとごはん(ファミレス)

tb: 0   cm: 9

創業64年、元祖博多ラーメン・・・「博多荘」。  

九州最大とも言われる歓楽街、中洲。

東京でいえば歌舞伎町、
札幌でいえばすすきの。

夜中にラーメンがむしょーーーーに食べたくなってしまったその日。
朔さんの素敵な3つ連続ラーメン記事を見た瞬間、
今すぐにでもラーメーーーーーン食べたーーい!て興奮して、
夜中3時までラーメンのこと考えて眠れなかったあの日。

他にも用事があった中洲でラーメンを食べよう!と思って、
休日なのに早起きしてGO!

昼間に中洲って・・・やっぱ女子だしね。
夜の中洲、ちょっとね(爆)

用事があったとこっていうのは、ここなんだけどね。
また食べたくなっちゃって再訪です

そして無事にベーグルもゲットして、向かったのはこちら。


なんと創業64年!博多ラーメンはここから始まった!
hakatasou1.jpg


これぞ博多!というメニュー。
気付かれましたか?

「皿うろん」って。博多は「うどん」を「うろん」て発音します。
実際にこの耳で聞いたことはないけど、
多分、生粋の博多っこはそうなのかなー。

「かえだま」が「かえらま」。マメチシキ。
hakatasou2.jpg

お決まりの辛子高菜と紅しょうが。
だけど、箸がつきささってあったのには笑えた(笑)
なんか、豪快。「どうだー!」みたいな。
hakatasou8.jpg

メニューを見ると、海老チリや麻婆豆腐、からあげ、棒棒鶏など
中華メニューも豊富。
hakatasou10.jpg
-- 続きを読む --

category: そとごはん(麺類)

tb: 0   cm: 8

ふわふわ夢の風船・・・「たまごハウス」。  

飯塚に本店をおく「たまごハウス」。
ここはいつ通っても駐車場に車がいっぱいです。

こちらのシュークリームは大好きです。
多分、一番好きです。

そのシュークリームの記事はこちらです。


秋の新商品「栗のロール」というロールケーキにかなり心を奪われました、

が、

「ご試食どうぞーーーー」と言って渡されたこのチーズケーキ。
TAMAGO23.jpg

試食というにはもったいないこの大きさ。

でも実は入口でジェラードの試食もいただきました。
チョコ、バニラ、抹茶です。
こちらは近日発売予定だそうですょ


試食のチーズケーキ、衝撃的でした。

あまりにも衝撃的だったので、栗のロールケーキが一瞬で消え、
迷わずこちらを購入

でも次回は栗のロールケーキですね
生地にころころした栗が散りばめられ、
マロンクリームの中にもころんとした栗・・・
そのマロンクリームがかなりおいしそうでした・・・


「夢の風船 (¥1050)」1日限定36個。
なかなかお目にかかれることがないらしく、
たまたま焼きあがった時間に来店したわたしはラッキーだったようです。



このチーズケーキ、
テンションがた落ち(車をちょっとぶつけたりして)のわたしを
レインボーカラーの夢の風船で空へ舞いあげてくれた
すっごいチーズケーキですよ

-- 続きを読む --

category: カフェ&スイーツ

最強のコスパで大満足「うどん 伊都や」。  

飯塚から太宰府方面へ車を走らせて約40分くらい。
福岡市内へ行くのとあまり変わらない感じかな。

いま、心惹かれてるとこのひとつ春日市。

人口は飯塚市の方が多いにもかかわらず、
街全体の雰囲気は、飯塚より都会です(爆)

福岡市や大野城市と隣接してるから・・・?


本日のお店はこちら。
ITOYA.jpg

本日のレポ、長編になってしまいました。
明日もこのままおいておくので、
お時間ある時にゆっくりどうぞ~。


このお店へ行きたくて行きたくて、この日を待ってました。
なぜにそこまで惹かれたのかと言うと、

じゃんっ

ITOYA1.jpg

ついでにこちらも

じゃじゃんっ

ITOYA2.jpg

これも気になっていました。
ITOYA29.jpg

いまだけメニューもあります。
ITOYA3.jpg

メニューも参考に。
小学生、幼児のお値段もステキすぎます
ITOYA4.jpg

店内も広々で、お座敷や掘りごたつのテーブルなど、
幅広いニーズに合わせた作りです。
ITOYA23.jpg

こちらは糸島に契約農場を持ち、
そこでできた有機野菜を使っていますが、
その契約農場、なんと70年も前から有機栽培に取り組んでこられた
生粋の有機農場です。

玉ねぎがあまりにも大きく育ちすぎて、
農協では受け入れてもらえなかったので廃棄処分していたという話しを聞き、
「じゃぁうちで使わせてくれ」ということになって、
今日に至るそうです。

1個800gはあるらしいですよ。
でも肉厚で水分が多くて甘い玉ねぎなのです。

玉ねぎサラダ、最強においしかったよ

-- 続きを読む --

category: そとごはん(麺類)

tb: 0   cm: 9

飯塚といえば・・・「味覚焼き」。  

朝晩に秋の気配を感じるようになりましたね。
夜の帳(とばり)の中で心地良い風を感じながら、
虫の声に耳を傾けます。

はぁっ・・・・秋ねぇ・・
と、月を眺めて涙が・・・ホロリ

なわけない(爆)

センチメンタルと秋刀魚が似合う秋。

イヨハマダ、16ダカラーーー

それはセンチメンタル・ジャーニー。




かれこれ50年近く前からこの地、飯塚にある「味覚焼」。


メニューはシンプルに味覚焼とところてん、そして夏季限定のかき氷。
mikakuyaki1.jpg

もっぱらテイクアウトだけど、
この日は近くの銀行や郵便局に用事があったので、
久しぶりにイートインです。
何年ぶりかのイートインだったのに、
偶然、chaiちゃんも来店したのには度肝を抜かれました(笑)
mikakuyaki2.jpg

お昼時ともなると、お店の前には車が数台並び、
みなさん車の中から、店内から顔を出すおばちゃんに向かって
個数を叫んだり、指で個数を示したりします。

これをドライブスルーともいいます

お昼時の10分、20分待ちはザラなので、
事前に電話注文しておくと、待たずに買えますよ。
-- 続きを読む --

category: おいしいもの

チロル×サクマ。  

毎週金曜日のお楽しみ
これを見なきゃ1週間が終わらない22時の「うぬぼれ刑事」。

なーーーーんにも考えず、
ただ・・
ぎゃはははっ!と笑って見れるわたしの癒しです。

昨日はうぬぼれダンスがなくてがっかりでしたorz.....

チロル好きなんですよねー
地元が誇れる銘菓ですよ。
そのチロルとサクマのコラボ菓子。

裏と表でパッケージが違いまーす。

どっちが裏でどっちが表なんてどうでもいいや(笑)

サクマバージョン。
SH3G03401.jpg

チロルバージョン。
SH3G03411.jpg

中身はこんな感じ~
SH3G03431.jpg

チロルのコーヒーヌガーがサクマのキャンデーになりました。
チョコレートキャンデーの中にはコーヒークリーム。
チロルチョコの味がするよー

サクマのいちごみるくがチロルチョコになりました。
いちごチョコの中にはみるくクリームとザラメ。
じゃりじゃりしますよ、じゃりじゃり・・・・
SH3G03441.jpg


今日は続きはありませんヨ。
-- 続きを読む --

category: お菓子

tb: 0   cm: 9

偶然の出会い・・・「石窯パン工房 クリーブラッツ」。  

ドライブ途中も偶然見つけたおいしいお店は(≧ε「+」 ロックオン!!

あまりおいしいものに興味のないお友達は、
一緒にドライブするのは全然楽しくないと思いますよぉ。

実際、この日もすったもんだありました(爆)

以下、この話しが続きますが、
興味のない方は「こっからがやっと本題です。」まで一気にスクロールしちゃってください。


ドライブ中、偶然、見つけちゃいましたよん。
KLEE BLATT22

で、一度通りすぎちゃったわけですよ。

「あーーーー今のところ!!!ちょっとちょっと!ちょっとちょっと!戻ってよ!」と言ったら、
「ここまで来てパン屋さんに行かんでもよかろうもん」
「ここまで来たけん行きたいっちゃん!あーーーもうっ!帰りに絶対寄ってよ!
今の場所わかる?覚えとーお?あの交差点から曲がるとよ!」

と色々ね。

そんなこんなあったにも関わらず、
お連れは帰りに違う道を通ろうとしてて、

「ここ行きがけ通ってないよね?あのパン屋さんは?」
「もういいやん。そんなにパンばっかり食べんでも。
ベーグルだって山のようにあるんやろ?」

ゴ━━━━(`ε´♯)━━━━ルァ!!

そういう問題ちゃうやろーーーっ

あれだけ帰りは寄ってよ!って言ったやんっ!て、怒りのこころでつよ。
わたしここで降りてタクシー拾って行くからいい!くらいの勢いでつよ。

可愛い(爆)脅しがきいたせいか、
ぐるりと回ってやっと立ち寄ってもらったこのお店。

着いて車を停めるのが早いか、わたしが車から降りるのが早いかってくらいに飛び降りて、
写真をぱちり
その時の写真が↑の外観写真です。

とその時、携帯の充電マークが・・・っ!
カメラ機能が使えなくなったのです。
わたしがブログでアップしてる画像は、99.9%デジカメ携帯で撮ったものなので、
携帯電話の他にデジカメを持ち歩くことはほっとんどありません。

やっと、やっと目の前に来たのに、写真が撮れない

ガーーー(TДT|||)ーーーン

泣く泣く、お連れに
「ねぇ・・・お願い・・・携帯貸して・・・」と。

悔しすぎます(ノд`@)アイタター

お連れの携帯で撮った画像をわたしの携帯へメールで送って・・という
面倒な作業付きだったので、最小限の写真を数枚だけ撮りました。


ごめんなさーい、今日は余計な話しが長くなりました。
こういう裏話もたまにはよくないですか?

あっ、いりませんか(・ε・`*) ...

こっからがやっと本題です。

鳥栖の「クリーブラッツ」へは、早く行かなきゃって思っていたけど、
まさか、
まさかの若草店が先になるとは(爆)
しかも、支店あるなんて全く知りませんでした。
2009年2月にオープンしてたんですね。
KLEE BLATT7


オープンテラスもあり、コーヒー無料サービスあり、
買ったパンを外でその場で食べることができます。
KLEE BLATT5

最近こういうスタイルのパン屋さん、多いですよね!
外観、店内のディスプレイ、店員さん、サービスなど、
商品まで似てるような気もしないことないような・・・。

わたしの行ったことのあるパン屋さんの中でも、
筑豊で言えば、「森のこぐま」や「自然屋」、
福岡で言えば、「フルフル」、
佐賀で言えば、「くすくす」なども同じスタイルです。

「フルフル」は未確認だけど、
他のお店はベーカリー専門のプロデュース会社「DAIYU」によってプロデュースされたお店のようです。

だからよく似てるんですねー。

KLEE BLATTKLEE BLATT1
KLEE BLATT2KLEE BLATT3
KLEE BLATT4
-- 続きを読む --

category: パン

うなぎのせいろ蒸し・・・「創食好房 つな八」。  

普段は回ってるとこでもいいんです。
お寿司が新幹線に乗って運ばれてきてもいいです。
楽しいデス。
タッチパネルで注文してもいいんです。
楽ちんデス。

だけど、ごちとなったら回ってちゃまずいっしょ(笑)

結構おいしんだよー、って連れて行ってもらったのはこちらです。
tsunahachi.jpg

こじんまりとしたお寿司やさんだけど、
ランチタイムなどはお客さん多いらしいですよ。
tsunahachi1.jpg
-- 続きを読む --

category: そとごはん(和食)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。