こころジカン。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

映画「告白」を・・・。  

いま話題の映画「告白」、観たよ。
昨日は水曜日(レディースデー)だったということで


と、その前に、
庭で珍しい紫陽花を発見!
SH3G0617.jpg

母に「ねぇねぇ、これ紫陽花よね?珍しいね!色も花びらも可愛い!」
って言ったら、

「これは去年あなたが母の日にくれた紫陽花よ!」って(笑)

すっかり忘れてました。


続きは「告白」の感想なので、興味のある方はどうぞ。
ちなみに、ネタばればれです。
原作を読んだのは2年前。
テーマといい、構成といい、それが当時もかなり話題になり、
衝撃の作品でした。

確か当時のブログにもそのことは書いたはず。
HIV、倫理感、少年法、いじめ、歪んだ親子関係、幼児虐待など
現代社会が抱える問題が満載で、
読んですぐはショックが大きく、
入り込みすぎたせいか気分が悪くなった記憶があります。
だけど月日が経つと、同じ作品を読むにしても見るにしても、
また違った角度から観て感じることができます。

「告白」ってやっぱすごいっ!

原作を読んで感動し、それを映画やDVDで観てがっかりするのが普通だったけど、
これだけは、というか久しぶりに原作以上に面白い映画に出逢えた感じ。

ストーリーの面白さ以外にも、
映像の流れの美しさ、必要最小限に抑えた色、BGM、
全てにおいて、
これほど美しいと思える映画は久しぶりでした。
もちろん目を逸らしたくなるシーンもあったけど、
それすら美しい。
殺人やいじめを美化する意図など全くないにも関わらず、
残虐だとか、気持ち悪いとか、ひどいとか、
そういった嫌悪感を通り越した先にある、
深く暗い海の底のような哀しみ。

登場人物が淡々と語っていく流れの中に存在するいくつもの伏線、
どこにでも存在するありふれた日常に隠れた狂気、
みんな狂っている。

最後のシーン。

松たか子演じる森口先生の

「なーんてね」

という一言。

これは原作にはなく、聞いたときは「えっ・・・・?」
時間が経ってもこの一言の意味をしばらく考えました。

生徒には敬語でしか接したことのない先生が最後に発した言葉、
「なーーんてね」
最後に見せた人間らしい一言と解釈するなら、
彼女の中で復讐が終わったという証なのかな・・とか。

そんなものでないないとすれば、
彼女の精神がさらに破壊されていった瞬間なのかもしれない。
犯人である少年の精神を十分に苦しめ崩壊させ、
先生という立場上、少年に諭すような話を淡々としたけど、
決して彼の更生などを望んでいるのではない、という

「なーんてね」

とも聞こえる。

もっと苦しめてあげる、という気持ちがこもっているように。


「告白」、あと2回は観たいな。



松たか子の表情を失くした淡々とした演技も素晴らしかったけど、
わたしが気を引かれたのは、

幸せな家庭の優しくて綺麗な母親役の木村佳乃。
わが子を溺愛するさま、彼女の精神が崩壊していく過程、
クラスメイトからの色紙に隠された言葉を知った瞬間の驚愕した様子、
そして最後に完全に狂ってしまったあのシーンは
最強に脳裏に焼きついています。

誰もいない食卓に家族4人分のティーカップを並べ、
そこにあふれるほどお茶を注いでいる途中で、
「あっ」と言って忘れ物をしたかのようにキッチンへ行き、
日記を綴り、普通に包丁を手にした瞬間。

すごかった。

その「あっ」を表現できる木村佳乃がほんとすごいと思った。

女優ならできて当たり前かもしれないけど、
あの母親役は木村佳乃でなければいけなかっただろうと思えたほど、
ばっちりはまった役だったなー。

やっぱり
あと2回は観たいなー。
スポンサーサイト

category: ひとりごと

コメント

( ゚▽゚)/コンバンハ
私はまだ観てない~。
単行本を読み中・・・
結構すざましい気がする。。
こんなに話題作になるとは思わなかったしなあ。
やっぱり観てみたいなあ。

URL | ayaka #-
2010/06/24 00:09 | edit

こんばんは(^-^*)/

『告白』
話題性もあるし、松さん、好きな女優さんのひとりだから、観てみたい。
こころちゃん、つばめ君の感想を読んで、更に 観たくなった。
あたし、長文を読むのが 苦手だから、原作本より 実写版(映画・ドラマ)派かな。
いつまで、やってるんだろう、、、

URL | マロンまろん #-
2010/06/24 00:21 | edit

あの「なーんてね」が一番印象的だ!

オラも言いたい事たっぷりあったのにズバリ語ってくれてるね~


生々しい人間味。

ホント見終わった後もつくづく考えさせる映画だったね!

URL | つばめ #-
2010/06/24 00:24 | edit

コメントおじゃまします。

「なーんてね」がインパクト大でした。
森口先生は仕掛けられた爆弾を解除して持ちだしてます。
その前にファミレスで大笑いののち号泣するシーンも引き込まれました。
もしかして爆弾は既に処分されてて研究室の母親も実は無事で、その後は母親の愛情を再認識して更生させようとしてたのかなと。
一連の死の連鎖を終わらせるために少年Aの凶行を止め、なおかつハッタリで命の重さを解らせる作戦、かと思ったんですが、最後の「なーんてね」でやっぱヤったのかよと・・・

エンドロールが終わるまで立つお客さんが殆んど居なかったのも印象的でした。

URL | ムラサメ #-
2010/06/24 01:31 | edit

こころん、おはよ~~♪
告白・・私も見たいと思ってるのっ☆
来週あたり行こうかな~と^^
やっぱり、いい映画なんだね~~
こころんの記事を読んで、ますます行きたくなったよ!!!
ありがと~♡
楽しみだな♪

あと、紫陽花キレイだね~♡

URL | *yuu* #EUDBr31A
2010/06/24 05:58 | edit

すごく評判がいいから興味はあったんだけど、私もあの原作があまりにもショックだったから躊躇してたんだよね。
でもこころちゃんの感想を読んでとっても見たくなったよ!
でも多分映画館には行けそうに無いから、DVDが出たら必ず見てみようと思ってるよ。
彼女の新作ももうじき借りられる予定。どんな感じなのか今から楽しみだよ。

URL | ラブラブラッキー #Jtcj8rf6
2010/06/24 08:00 | edit

おはよう
最近忙しすぎで映画も本もとんとご無沙汰だけどすごい見たくなっちゃったわ~

URL | ゆん #-
2010/06/24 09:58 | edit

告白、評判もいいし、
観客動員数も多いから気になってるの~。
ネタばれでもやっぱり実際見るのと違うよね。
内容が重いからどうかなってのもあったけど
やっぱり見たい!
コメント入れてる人も
みんないいって言ってるね。
レディースデーは混むかな~。。

URL | fanifani #-
2010/06/24 10:05 | edit

こんにちは、こころさん。
「告白」観に行かれたんですね~
「な~んてね」かぁ…
ますます観たくなります。
原作を何回も何回も読むと、そのたびに違う印象がある作品ですよね。
私、作者と同じ年齢なんですよ。
私と同じ年齢でこんな深い作品を書く方がいるなんてとそれも衝撃でした。

URL | くぬぎ #-
2010/06/24 12:00 | edit

そっか、告白、そんなに良かったのかーー!
絶対テレビになるだろうから、
それまで待とうかなぁって思ったけど、見に行くか。。

本よりいいって、凄いねーーー!
またこころちゃんの感想が見たくさせるよーー!^^
ユズピ見てくれるかなぁ。。

URL | こや #-
2010/06/24 14:39 | edit

こんにちは!告白、見たいんだよね~♪
なのでごめん(>_<)、ネタばれのところは極力流させて貰っちゃったので、こころちゃんの感想を読めてないんだけど<(_ _)>、コメント欄出すまでに皆さんのコメントの中に、こころちゃんの記事見てますます行きたくなった~という意見が多いので、ますます行ってみたくなっちゃう。
そうね、レディースデーかレイトショーを狙おうかな。朝イチ…は間に合う自信ないし(^_^;)

URL | みこにこ #tuEXU5AU
2010/06/24 15:13 | edit

見たいと思ってた。

原作でズーンと心が重くなった作品でもあるけれど、それがどこまで再現されてるのか、松さんの演技も気になってたとこだったんだ。
感想が聞けてよかったーすごくね、伝わったよ。
さすが、文章ウマイ♪

明日見に行っちゃおうかなぁ。
でも「FLOWERS」も見たいんだ。

URL | かな #-
2010/06/24 15:33 | edit

こころちゃんーーバンヮ―゚。+(=゚ω゚)ノ+。゚―ッ♪

紫陽花本当に癒される!
でもって、こうやって翌年もちゃんと花を咲かせてちゃんとお手入れもしてくれてるお母さんの気持ちもすごくうれしくなるよね♪

「なーんてね」すごく重い言葉だよね。
あの台詞といい・・
いっぱいいっぱい考えちゃった映画だったよ。
そして、年齢によっても感想が違うよね~
この映画は。

私もレディースデーいつも狙ってるよ♪

URL | 風 #-
2010/06/24 21:42 | edit

ムラサメさんへ

コメントありがとうございます!

ムラサメさんも「なーんてね」のインパクト強かったんですね!
ファミレスのシーンは哀しかったです。
大笑いの後の号泣、救われない悲しみが感じられました。

最後は一体どうなったんだろうって、
観る側の想像力を掻きたて、
人それぞれが抱く結末を見込んだ監督はすごいなーと思いました。

確かに、エンドロール終わるまで誰も立った人はいませんでした・・・。
静まりかえっていましたね。

ムラサメさんはまた見たい派ですか?
わたしはまたじっくり見たいです。

URL | こころ→ムラサメさん #-
2010/06/24 23:28 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kokoronococoro.blog78.fc2.com/tb.php/729-ba54d208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。